THE調査力AI

知財DX!
R&D知財グループウェア

ご利用中の検索システムから出力した特許データを取り込んで仕事を共有!

【THE調査力AI】ご利用中の検索システムから出力した特許データを取り込んで仕事を共有!

国内外の調査業務の垣根をなくし、
オープンイノベーションで知財DXを加速

国内外の特許情報を集約して日本語化、AIノイズ判定まで、デジタル化!

【THE調査力AI】業務のしくみ改革

※THE調査力AIは以下のサービスと協力連携しています。
知的財産情報サービス「CyberPatent Desk」(サイバーパテント株式会社)との検索連係
世界特許和文データベース「Japio-GPG/FX」(一般財団法人日本特許情報機構)との和文データ取得連係
インターネット特許情報検索サービス「HYPAT-i2」(株式会社 発明通信社)とのデータ取得連係

仕事の時間効率アップ・労力を
低減する機能が
シンプルに搭載!

社内知財業務の見える化

有益な情報がひと目でわかる
マトリクス表示の目次機能

大量の特許情報が
スクロールで閲覧・評価

ファミリー管理や
社内分類も1画面で

ノイズ除去を効率的に!
「シン・ハイライトソート」

2教師型AI判定と指定ワードを使って
ノイズ判別を精度よく「AIクロス集計」

PCT(JP)出願の日本移行特許自動生成と
審査経過の自動監視

ChatGPTによる要旨・キーワード作成
ノイズ除去や内容把握の効率アップに

海外の全文明細書が日本語で読める!
Japio-GPG/FXダイレクト全文リンク

さまざまな活用で、これまでの特許調査の課題を解決!

活用1
他社の開発動向を
リアルタイムで見る
他社の開発動向をリアルタイムで見る
活用2
ノイズ特許を
短時間で除去!
ノイズ特許を短時間で除去!
活用3
自社の出願戦略
に活用!
自社の出願戦略に活用!
活用4
海外特許も
日本語で効率化!
海外特許も日本語で効率化!

導入事例

海外特許文献を自動で和訳し、ノイズを分類できる機能が導入の決め手に
大量の海外特許調査を効率化した
C社:化学メーカー(社員数3万人)
目指したのは知的財産部門での業務効率化
スモールスタートで業務改善に挑んだ
A社:化学メーカー(社員数2万5千人)
研究・開発動向の把握が知財グループウェア導入の出発点
研究主体で業務改革に取り組んだ
B社:飲料メーカー(社員数3万人)

無料トライアルで、十分にご検証いただけます。

23日
2ヶ月(THE調査力AIは最長6ヶ月まで)
1
お申込み
・通知書
お申込み後2~3日でトライアルの環境をご用意いたします。
 
2
トライアル開始
※サイバーパテント社と3社打合せ
・操作説明会(知財部門向け、技術部門向け)
・運用に関するご相談
・日常のご質問Q&A(Web、メール、電話)
・教師診断、作成サービス(有料)
※トライアル期間は2ヶ月
 THE調査力AIは最長6ヶ月まで
 
3
ご決定
・お見積書
・ご契約書
継続されない場合はデータを完全に消去させて頂きますのでご安心下さい。
 
4
ご運用開始
・運用サポート
・バージョンアップ

知財コンサルティング

IT・デジタル技術とネット利用の進展は目覚ましく、追いついていかないのが現状です。
各企業の業務の現状とIT技術のギャップをなくす、当社の強みがここにあります。
課題解決への第一歩、アイ・ピー・ファインにご相談ください。

論文掲載

※横にスクロールできます
機械学習や自然言語処理技術を用いた知財リーガルテックについて 平尾 啓 パテント2021 Vol.74
知財分野における第4世代AIの基礎検討 機械学習と特許調査の融合』 安藤 俊幸 第19回情報プロフェッショナル
シンポジウム2022
機械学習を用いた効率的な特許調査方法─「人間知能」主導による AI の特許調査への応用─ 安藤 俊幸 Japio year book 2021
機械学習を用いた効率的な特許調査方法─単語・文書のベクトル化方法と特許調査への応用─ 安藤 俊幸 Japio year book 2020
ASEAN特許調査環境の新たな変革 ─WIPO PATENTSCOPE は特許調査に使えるか?─ 中西 昌弘 Japio year book 2018
ASEAN特許庁データベースの収録コンテンツ (検索の高効率化と精度向上) 中西 昌弘 Japio year book 2015
PAGE TOP

導入のご相談

お気軽にご質問・ご相談ください